こんにちは😄

定期的にカラダに関する情報をお届けしております。

脇田屋ピラティスです。

今日は「足のアーチ」のお話です。

わたし達のカラダで唯一地面と接しているのが「足」。

その足について、

偉人レオナルド・ダ・ヴィンチはこう述べています。

「足は人間工学上、最大の傑作であり、そしてまた最高の芸術作品である」

と。

天才すぎて何言っているかちょっとわかりませんが 笑笑

足は大小様々な骨で構成されており、それを靭帯や筋肉、腱などで支持されています。

荷重や強い衝撃からも耐え得る力学的に安定した構造になっているのです。

その構造と機能の一つに「足のアーチ構造」があります。

◎内側縦アーチ

◎外側縦アーチ

◎横アーチ

この3つのアーチが衝撃吸収のクッションの役割を果たしています。

このアーチ機能が低下すると、腰や背中、首などに衝撃が伝わり、不調の原因となってしまいます。

足でのグーチョキパーや足指の運動など、たまには足の事も考えてあげて下さいね。