こんにちは😄

定期的にカラダに関する情報をお届けしております。

脇田屋ピラティスです。

今日は「辛さ(からさ)」のお話です。

冬になると無性に辛いものを食べたくなる日がたま~~に訪れます。

辛いものは苦手ですが 笑

さて、私たちヒトの舌には「味」を感じるセンサーが5つあります。

酸味、塩味、甘味、苦味、うま味。

では、辛味はどこで感じるのでしょうか?

辛味は、痛みなどと同じような刺激としての「感覚」になります。

熱い、冷たい、痛い…そういった感覚です。

辛いものを食べて、汗をかいた経験は誰にでもあると思いますが、これは辛味成分による刺激が、体内の活動を高めているからです。

また、口や胃などを刺激するので、中枢神経の働きを高め、だ液や胃液の分泌が増え、食欲がわいてきます。腸の運動も促進され、栄養の吸収も良くなります。

更にトウガラシに入っているカプサイシンには、体脂肪を燃焼する働きがあり、ダイエット効果もあります。

なんだかダルいな~?

そんなあなたは、

ピラティス して汗をかいて。

辛い物を食べて汗をかいて。

これからの冬を迎えましょう!